パンドラの森を舞台にした“究極の世界観”と“未体験の感動”を再び─

『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』
IMAX3Dで2週間限定公開!
【上映期間】9月23日(金・祝)~10月6日(木)

ジェームズ・キャメロン監督自身の『タイタニック』(97) そして、あの『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)、も上回る全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(09)。映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、日米同時12月16日(金)に劇場公開。最新作の公開を記念し、世界中で再上映を要望する声が殺到。多くのファンの期待に応え、日本でもジェームズ・キャメロンの創り出した世界が、進化した3D映像で一新され、なおかつ重要なシーンが追加された特別版『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』が、9月23日(金・祝)より10月6日(木)まで2週間限定で全国約200館のプレミア・ラージ・フォーマット含む3Dスクリーンでの劇場公開が決定しました。

<『アバター』ストーリー>
22世紀、希少鉱物を求めた人類は地球から遠く離れたパンドラで〈アバター・プロジェクト〉に着手していた。“ナヴィ”と呼ばれるこの星の種族と人間のDNAを組み合わせた肉体〈アバター〉を操作員の意識で操ることで、人に有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘する。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、〈アバター〉を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく…。