『とんび』通信vol.2「どこで撮ったん?」編

さて今回は、『とんび』が撮影された場所が、意外と近くだった!ので、そのあたりの情報をお伝えしていきます。

まずは劇中でヤスが購入し、移り住んだ川沿いの中古住宅。
自宅でのシーンや、予告編でもお馴染みのヤスが「アキラーー!!」
と叫ぶシーンでもこの川沿い付近で撮影されています。

実はこの川沿いの場所、岡山県笠岡市金浦なんです。
福山から車で20分くらいの超近場です。
この川沿いの道は、私の父親の通勤ルートで、子どもの時よく父親の車の助手席に乗って通ったなあ..
そんな思い出の場所で、父と子の絆の物語が展開された訳です。
もう感情移入っぷりが凄まじい訳ですよ。

話が少し逸れましたが、そんな場所で撮影が行われた訳です。
場所は国道2号線を福山から岡山方面へ、ずーっとまっすぐ進んで行きます。
そのまま石見銀山街道へ入る道に左折します。
そこから、道沿いに進んで行けば辿り着けますよ。
道はとても狭いので、見に行かれる方は充分お気をつけ下さいね。

続いてはアキラの幼少期に住んでいたアパート。
こちらも笠岡市にあるアパートで撮影されています。
このアパートは私(笠岡在住)の自宅から笠岡工業高校に続く道の途中にあるんですよね。

笠岡のビッグ(スーパー)から笠岡工業高校に繋がる道の途中です。
笠岡工業高校に通っていた方は通学路だったのでは?
ここまで文章を書いて自分でも感じたのですが、「家族」をテーマにして描かれた作品で私の印象に残っている場所が「家」なんですね。
私にとって「家」というものは家族を象徴するものなのだと私は思います。
そこが居心地の良い場所か、悪い場所なのか。
そこは当然、人それぞれだとは思いますが..

ちなみに現在公開中の「sing ネクストステージ」
こちらに声優で出演している稲葉浩志さんのB'z名義でのシングル
「HOME」
この曲も大好きです。
自分の安心出来る家、それを大人になった自分自身が作り上げる歌詞だと私は解釈しています。

また話がそれましたね…

最後に岡山県倉敷市にある沙美海岸!!
福山、岡山に住まわれている方はかなりの方が行かれた事があると思います。
私も幼少期に家族と共に何度も訪れました。

そして現在、親となった私は自分の子どもを連れて何度も訪れました。
親、私、そして私の子どもへと受け継がれている海です。

この映画をご覧いただければ、必ずその意味がわかると思います。
「とんび」を見て、この夏は家族で沙美海岸へ。
いかがでしょう?

(文・エーガル8シネマズ 末冨)


映画『とんび』
4/8(金)全国劇場公開
福山では、〔福山駅前シネマモード〕〔エーガル8シネマズ〕にてご鑑賞いただけます。

(C)2022「とんび」製作委員会