福山エーガル8シネマズ

Coming soon 公開予定作品

公開予定日

  • エーガル8シネマズのみ表示
  • シネマモードのみ表示
  • 11月1日公開

    • エーガル8シネマズ

      閉鎖病棟 それぞれの朝 ※PG12

      山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で死刑判決を受けたものの、死刑執行に失敗し生きながらえた梶木秀丸。幻聴が聴こえて暴れるようになり、妹夫婦から疎まれて強制入院させられた元サラリーマンのチュウさん。父親からのDVが原因で入院することになった女子高生の由紀。彼らは家族や世間から遠ざけられながらも、明るく生きようとしていた。そんなある日、秀丸が院内で殺人事件を起こしてしまう。笑福亭鶴瓶が秀丸役で「ディア・ドクター」以来10年ぶりに主演を務め、秀丸と心を通わせるチュウさんを「そこのみにて光輝く」の綾野剛、女子高生・由紀を「渇き。」の小松菜奈がそれぞれ演じる。

      監督

      平山秀幸

      出演者

      笑福亭鶴瓶
      綾野剛
      小松菜奈

    • シネマモード

      帰れない二人

      『長江哀歌(エレジー)』『罪の手ざわり』などのジャ・ジャンクーが、監督と脚本を担当したフィルムノワール。人生の裏街道を歩く男とその恋人がたどる17年の軌跡を描く。ヒロインを『罪の手ざわり』などジャ・ジャンクー監督作に出演してきたチャオ・タオ、恋人を『薄氷の殺人』などのリャオ・ファンが演じる。

      監督

      ジャ・ジャンクー

      出演者

      チャオ・タオ
      リャオ・ファン

    • エーガル8シネマズ

      IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

      監督

      アンディ・ムスキエティ

      出演者

      ビル・スカルスガルド
      ジェームズ・マカボイ
      ジェシカ・チャステイン
      ビル・ヘイダー

    • シネマモード

      命みじかし、恋せよ乙女

      『わが母の記』『万引き家族』などの樹木希林の海外デビュー作となったヒューマンドラマ。ドイツ人の男性と日本人の女性が、旅を通して自分の人生と向き合う。『フクシマ・モナムール』などのドイツ人監督ドーリス・デリエがメガホンを取り、『愛の臨界』などのゴロ・オイラーとフィジカルシアターアーティストの入月絢が主演を務める。

      監督

      ドーリス・デリエ

      出演者

      ゴロ・オイラー
      入月絢

    • シネマモード

      タロウのバカ ※R15+

      『ぼっちゃん』などの大森立嗣監督がおよそ15年温めてきたオリジナル脚本を映画化。学校に行かず自分の年齢もわからない少年が、2人の仲間たちと出会い、世界を知る。主人公には、300人以上の候補者の中からモデルのYOSHIが抜てきされた。彼に慕われ共に行動する少年を『あゝ、荒野』シリーズや『アルキメデスの大戦』など菅田将暉と、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの仲野太賀が演じる。

      監督

      大森立嗣

      出演者

      YOSHI
      菅田将暉

    • エーガル8シネマズ

      マチネの終わりに

      東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく…。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。

      監督

      西谷弘

      出演者

      福山雅治
      石田ゆり子
      伊勢谷友介
      桜井ユキ
      木南晴夏

  • 11月8日公開

  • 11月15日公開

    • エーガル8シネマズ

      影踏み

      「64 ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の小説を、歌手の山崎まさよしが「8月のクリスマス」以来14年ぶりの主演を務めて映画化。住人が寝静まった深夜の民家に侵入して盗みを働く、通称「ノビ師」と呼ばれる泥棒の真壁修一は、忍び込みの技術の巧みさから、警察から「ノビカベ」とあだ名されるほどの凄腕ノビ師だった。そんな真壁は、ある日の深夜、県議会議員の自宅に忍び込むが、そこで偶然、未遂となる放火殺人現場を目撃。これをきっかけに、真壁がずっと心の底に押し込めていた20年前の事件の記憶が呼び覚まされ…。監督は、山崎の映画俳優デビュー作「月とキャベツ」も手がけた篠原哲雄。篠崎監督と山崎が、監督と俳優としては同作以来23年ぶりにタッグを組んだ。

      監督

      篠原哲雄

      出演者

      山崎まさよし
      尾野真千子
      北村匠海

    • エーガル8シネマズ

      オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁

      日本を代表する名優・役所広司と、「M:I-2」「レッドクリフ」シリーズで知られるプロデューサーのテレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作のスペタクル映画。ヒマラヤ周辺国家が地域の平和のために地域会議を開催することとなったが、会議開催前に機密文書を積んだ飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。その文書はヒマラヤ地区の平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。インド軍側は特別捜査官を自称する2人の男を緊急に派遣し、ヒマラヤ救助隊「Wings」に機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。隊長の姜は隊が深刻的な財政難であるという現実を前にガイドの依頼を引き受けることにする。標高8848m、氷点下50度という苛烈な雪山の頂・デスゾーンに挑むミッションの背後で、世界規模の陰謀が動き始めていた。役所が隊長の姜役を演じるほか、「唐山大地震」のチャン・チンチュー、ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」のリン・ボーホンらが顔をそろえる。

      監督

      ユー・フェイ

      出演者

      役所広司
      チャン・チンチュー

    • シネマモード

      アイネクライネナハトムジーク

      映画化もされた「重力ピエロ」などの伊坂幸太郎の小説を原作としたラブストーリー。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズなどの三浦春馬が劇的な出会いを待つだけの主人公の青年を演じ、さまざまな人物との物語が展開する。監督は『知らない、ふたり』などの今泉力哉。仙台をはじめ宮城県でロケが行われ、共演に多部未華子や原田泰造、貫地谷しほり、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしらが顔をそろえる。

      監督

      今泉力哉

      出演者

      三浦春馬
      多部未華子

  • 11月22日公開

    • エーガル8シネマズ

      決算!忠臣蔵

      「殿、利息でござる」の中村義洋が監督・脚本を手がけ、堤真一と岡村隆史が赤穂浪士を演じる時代劇コメディ。元禄14年3月14日。清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りてリストラに励むが、その努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが…。金欠に悩まされるリーダー・内蔵助を堤、ワーキングプアなそろばん侍・矢頭を岡村がそれぞれ関西弁で演じる。

      監督

      中村義洋

      出演者

      堤真一
      岡村隆史
      濱田岳

    • エーガル8シネマズ

      アナと雪の女王2

      監督

      クリス・バック
      ジェニファー・リー

  • 11月29日公開

    • シネマモード

      ホテル・ムンバイ ※R15+

      『LION/ライオン ~25年目のただいま~』などのデヴ・パテルを主演に迎え、2008年にインドのムンバイで起きたテロ事件を題材にしたドラマ。高級ホテルに監禁された宿泊客を救おうと奔走した従業員たちの姿を映し出す。本作で長編デビューしたアンソニー・マラスが監督を務め、『君の名前で僕を呼んで』などのアーミー・ハマーがアメリカ人旅行者を演じた。

      監督

      アンソニー・マラス

      出演者

      デブ・パテル
      アーミー・ハマー